不動産企業とマンション


【建物の質を左右するのは、「会社」ではなく「担当者」】
A社は粗悪品を作っている、B社はノウハウに欠けている、といったことをメッセージすることが目的ではないのです。逆に、個人の独断と偏見で優れた会社を列記するつもりもありません。あくまで企業を見る客観的な尺度を提示したいだけです。少し業態の違う話でありますが、私はよくデベロッパー担当者に「施工会社で違いはありますか」と尋ねていたことがありました。

会社

そうするとほぼ同じ答えが返ってきました。「現場所長によります」と。デベロッパー担当者は工事の発注をするときに「現場所長はAさんでお願いします」とオファーすることが多いそうです。企業という看板に発注するのではない、「人」に発注をかけるのです。

実は、マンションにおいても財閥系大手不動産企業以外(まれに財閥系大手企業でさえも一部その傾向がありますが)、つまり中小企業や不動産業界ではない大手企業全般において言えることですが、企業で判断することはあまり意味がありません。結局、そのマンションが優れているかどうかは、そのプロジェクトに携わる「人」に大きく左右されるからです。その前提は是非ご認識いただきたいと思います。

【中小企業の判断材料は「優れた企画力」の有無にある】
しかしそうは言っても、一般の人から見て、売主の「人(担当者)」はなかなか判断しづらいものです。これまでの経験から、企業を見るひとつの尺度を2つほどお伝えしましょう。中小企業を見る尺度と大手企業を見る尺度です。まず中小企業の場合は、大手に比べると経営体力も劣ることが多いため、投資額の大きいマンション事業はひとつひとつが社運をかけると言っても過言ではありません。
また、その知名度においても同様で、仮に大手企業が売り出し現場のすぐ近くで販売センターを構えようものなら自社の来場数には大きな影響が出ます。売主の知名度と集客力は正比例の関係にあるからです。その結果、中小企業が勝負するアイテムは「優れた企画力」か「見た目で安いとわかる価格」になります。用地の獲得手法は競争入札式が増えてきたこともあり、「価格」は武器となりづらい。

価格

したがって「企画力」で差をつけるしかありません。それを地道に継続している企業こそが良いマンションを提供しているのです。つまり、見極めるポイントは「図面」にあります。業界の人間であれば、設計図面を見てすぐにわかるかもしれませんが、専門的に描かれた図面を見慣れていない素人は「いたるところに隠された良さ」があると、簡単にわかるものではないでしょう。
しかし、そのような企業には必ずといっていいほど共通項があります。「社長が自ら図面を描いている」ことです。もちろん実際の正式な設計図は設計会社に委託しますが、アイデアは社長が自分で考えます。そういったマンションには「良いマンションを作りたい」という経営者の魂がこめられています。


お知らせ

ビジネスで戸建てかマンションの購入を検討している人も多いはずです。戸建て・マンションともに売買可能ですし、賃貸として貸し出すことも可能ですが、もし沖縄で購入を検討しているのであれば、戸建てをオススメ致します。
なぜ戸建てなのかというと、最近沖縄県でも民泊などが流行しており、戸建てで実際に地元の人と同じような生活をする人も増えているのです。
そんな沖縄県の中でも特に人気なのが、中城村。中城村はおしゃれなカフェなども増加し、移住してくる人も増えつつあります。実際に暮らしてみて、どんな街なのか、どれくらい住みやすいのか検討したい人も多いようです。
中城村で戸建てを購入し、民泊などに利用するのもいいですね。もちろん、実際に住まう場所としても大変魅力的ですよ。
参考:中頭郡中城村の一戸建て 一覧【不動産のいえらぶ】|一戸建て購入情報